透析患者における認知症の早期発見の重要性

パーサビブ

わが国の透析患者は高齢化の一途を辿っており、日本透析医学会の2014年末統計調査によれば、透析患者の平均年齢は67.5歳で、最も割合が高い年齢層は男女とも65~69歳と報告されています。また、2010年末統計調査における透析患者の認知症合併率は約10%でした。我々の施設では、Mini-Mental・・・

透析患者における認知症の早期発見の重要性

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。 医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。