サルコペニア・フレイルから考える透析患者における骨折リスク

パーサビブ

高齢化の進行に伴い、筋力が低下した透析患者を診る機会が増えています。このような高齢の透析患者では骨折頻度が高く、大腿骨近位部骨折発症率は一般人口と比べて約5倍という報告もあります 1)。透析患者の骨折を考える場合、骨強度の低下に加えて、転倒リスクを考慮する必要があります。最近では「サルコペニア・フレ・・・

サルコペニア・フレイルから考える透析患者における骨折リスク

これより先のコンテンツは、弊社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために国内の保険診療を行う医療機関にお勤めの方(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師等)に提供することを目的として作成しております(歯科単科施設および一部の職種等によりご覧いただけない場合もございます)。 医療関係者以外の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。